医療法人杏月会 堀江医院
医療法人杏月会 堀江医院 ご挨拶
医療法人杏月会 堀江医院 診療案内
医療法人杏月会 堀江医院 スタッフ紹介
医療法人杏月会 堀江医院 お知らせ
医療法人杏月会 堀江医院 季節の情報
医療法人杏月会 堀江医院 一般お問合せ
医療法人杏月会 堀江医院 体の相談室
医療法人杏月会 堀江医院
医療法人杏月会 堀江医院 職員募集
医療法人杏月会 堀江医院 外科、整形外科、胃腸科、肛門科、内科
伊勢原市の病院,医院では最も古い医療機関です

謹んで「週刊朝日」2015116日号 2017210日号 に掲載された 堀江医院の記事をお知らせいたします。

 

〔表1〕

 

堀江 修 :

肛門は毎日排便のために使用する場所です。内痔核により排便障害を生じた際は適切な診断で侵襲の少ない治療法で根治可能です。

当院では切らずに注射で治るALTA治療を積極的に行っています。肛門にお悩みの方は是非御相談下さい。

 

〔表2〕週刊朝日 同上 全国464リスト 2017・2・10




〔表3〕(〔表1〕と〔表2〕の説明)

 

『週刊朝日』はその特長として各号に身体各所の疾病について、特集を行っております。当院は肛門部の疾患で痔について採り上げられることが多く、前2記事を掲載させて頂きました。

〔表1・2〕の説明は上の〔表3〕の如くでありますが、ALTA療法とはジオン注入療法と言われている薬物注射により痔核を消腿させる治療です。

また結紮切除術とは、痔核を直接切除する方法でALTA療法と併用することが多いです。現在では両方式を併用しても日帰り可能な症例が多いことも特長と言えます。

(戦前は当院2代 政邦院長が施行していたのは痔核の根部を絞り切除する方式でした。)

当院は本年(2017年)4月から入院病棟は休止しましたので、日帰り手術のみの外来対応治療とさせていただいております。

なお「痔」については、下記の痔の種類と肛門部の位置的関係の〔図1〕と、留意事項についての〔表4〕の週刊朝日(5420号:2017年2月10日)掲載されている図表が大変参考になると想っております。

 

〔図1

 

〔表4

 

 

佐口 武史:

2016年は肛門疾患に関する手術数は約200件を超えるようになり、今後も地域に貢献できるものと考えています。

堀江 政伸:

当医院は本年(2017)22日で創立115年を迎えることが出来ました。

これも皆様各位のお陰と厚く御礼申し上げます。

「痔」に関しましては、2代院長堀江政邦が昭和8(1993)から専門医をめざし伊勢の畑嘉聞先生門下となり、昭和期にはその薬物療法と結紮療法を併用しておりました。

平成期に入ってからは4代院長堀江修が苦痛の伴いにくい独自の療法を行って好評です。さらに2012年東海大学からALTA療法に熟知した佐口武史先生を招聘して日帰り療法の特化にも努力しております。

 


Copyright (C) 2015 医療法人杏月会 堀江医院 All Rights Reserved.